協議離婚  『私の離婚の値段はいくらですか』

離婚をする場合、当事者の協議で離婚をするのが原則となります。
当然ですが、結婚は当事者の合意の下、協議で行います。親の意見や世間体などがあるかもしれませんが、誰と結婚をするのかについては、当事者同士で自由に決められるからです(未成年者除く)。
 
協議離婚も同じです。いつ離婚をするのか、どのような条件で離婚をするのかについては、他人からとやかく言われることではなく、当事者で自由に決めるべきことだからです。
 
協議離婚とは「話し合いで解決する離婚」です。夫婦の合意があれば離婚ができます。実際に日本では離婚の90%以上がこの協議離婚の方法で行われています
 
しかし、結婚をするかどうかであまりもめませんが、離婚をするかどうかどのような条件で離婚をするかについては、当事者間ではまとまらないこともよくあります
当事者間で協議がまとまらない場合、調停離婚→Uの順序で進んでいくことになります。
 

協議離婚とはどのような形で進むのでしょうか。

協議内容がなく、無条件に離婚をすることがあります。もっとも、子供がいる場合には、親権者を定めなければ離婚ができませんので、この場合には、親権者という条件を決めるだけになります。無条件で離婚する場合でも、当事者間で離婚の合意をしている以上、協議離婚になります。
もちろん、離婚のときに決めなくても、後から、養育費、慰謝料について取り決めをすることは可能です。
 

離婚について当事者間できちんと決めることもあります。

例えば・・
1 夫と妻は離婚する。
2 子供の親権者は妻とする。
3 夫から妻に養育費として、子供が二十歳になるまで、10万円を払う。
4 財産分与として、夫から妻に200万円を支払う。
5 年金分割の按分割合を0.5とする。
などと、書面で合意をすることがあります。
書面で合意をしたとしても、その時点で離婚は成立しません。
離婚が成立するのは離婚届を役所に提出してからになります。そのため、書面で交わしたけれども、離婚届を提出する前に相手が翻意をしてしまうことがあります。
 
また、養育費の取り決めがあっても、相手が払わない場合には、当然に強制執行ということにはなりません。
 
そこで、協議離婚の場合、書面で合意をするだけでなく、公正証書でまとめることが多いです。公正証書でまとめると、相手が払わない場合、強制執行をすることが可能となります。支払いを確実なものとするためにも、公正証書を作成したほうがいいと思います。
 
協議離婚をするに際しても、どのような条件で離婚をするのか、どのような方法で離婚をするのかについては、専門的な知識が不可欠です。ご自身の協議離婚書を安売りする必要はないと思います。今後の人生設計にも関わります。専門家を立てて、有利な条件で交渉をされることをお勧めします。
 
 

弁護士法人ラグーン

本店住所山口県下関市南部町2番7号 シーサイド下関海響館前支店住所山口県下関市南部町20-20 1階

法律相談のご予約平日9時~18時 土曜日0時~16時 時間外、祝日も対応可能 083-234-1400

Copyright © 2014 弁護士法人ラグーン若松法律事務所 All Right Reserved.