夫からのモラハラが原因で調停離婚した事案

依頼者

  女性 30歳代  専業主婦

相手方

  夫 30歳代  会社員 年収400万円

財産

   特になし

子供

  1人

調停内容

  申立人と相手方は離婚する。 未成年の子親権者は、母

依頼のきっかけ

 依頼者は、夫からのモラハラによって、体調を崩し、下関の実家に子どもを連れて戻ってきました。ご自身では夫との離婚の協議が困難であったことから当事務所に相談に来られました。
 

事件終結までの流れ

まず、ラグーンの弁護士が、事情を詳しく聴き取り、相手が離婚に応じない意思が強いこと、子どもの親権が問題になりそうでしたので、すぐに調停を起こすことにしました。

調停でもやはり離婚に応じないとする態度が強かったのですが、先に婚姻費用分担の調停を成立させ、また依頼者の気持ちを丹念に聴き取り、書面化して相手方に送ることで、3回の期日で離婚調停が成立しました。
 

弁護士の目

モラハラの立証はなかなか困難で、他に強い離婚原因がなく、離婚の裁判になった場合、確実に離婚が認められるか不透明でしたので、調停で成立させることを目指しました。

 

DVに関する解決事例

No.1

No.2

No.3

弁護士法人ラグーン

本店住所山口県下関市南部町2番7号 シーサイド下関海響館前支店住所山口県下関市南部町20-20 1階

法律相談のご予約平日9時~18時 土曜日0時~16時 時間外、祝日も対応可能 083-234-1400

Copyright © 2014 弁護士法人ラグーン若松法律事務所 All Right Reserved.