親権者の変更に成功した事案

依頼者  夫 40歳代 会社員


相手方  妻 40歳代 パート


子ども  3人


依頼のきっかけ


依頼者は,相手方と離婚した際に,二人のお子様の親権を取得し,もう一人のお子様の親権は相手方が取得しました。
 
その後,相手方が親権を取得したお子様との面会交流の際に,お子様が依頼者のもとに戻りたいと強く訴えたことをきっかけに,親権者を変更できないかと考え,当事務所を訪れました。

事件終結までの流れ


親権者の変更は,大変,ハードルが高いため,ご依頼を受けるべきかどうか躊躇しましたが,依頼者の親権者変更に対する強い思いに共感し,ご依頼を受ける運びとなりました。
 
ご依頼を受けた後,すぐに,家庭裁判所に親権者変更調停を申し立てました。
当然のことながら,相手方も弁護士を立て,親権者変更に応じない姿勢を示しました。

そこで,親権者の変更には,お子様本人の意思が最も重要であると考え,第三者である家庭裁判所の調査官に本人の意思を確認してもらうことにしました。
その結果,やはり本人は,依頼者のもとの戻りたいとの意思でした。

その後,1ヶ月間にわたり,依頼者のもとで試行的に生活を送る長期の面会交流を行った後,再度,家庭裁判所調査官に本人の意思を確認してもらったところ,依頼者のもとに戻りたいという意思に変化はなかったことにより,相手方も親権者変更に応じることになりました。
 

弁護士の目


親権者の変更が成功するのは,非常に珍しいケースといえます。

本件で,親権者の変更に成功したのは,依頼者と密にコミュニケーションを取り,問題点を明確に裁判所に伝えられたことと家庭裁判所の調査官による調査を有効に活用したことにあると思います。

また,一方的にこちらの思いだけを伝えるのではなく,親権を変更した後も相手方との面会交流には,できる限り柔軟に応じるという姿勢を見せたことも相手が親権者変更に応じる一因になったのではないかと思います。

弁護士法人ラグーン

本店住所山口県下関市南部町2番7号 シーサイド下関海響館前支店住所山口県下関市南部町20-20 1階

法律相談のご予約平日9時~18時 土曜日0時~16時 時間外、祝日も対応可能 083-234-1400

Copyright © 2014 弁護士法人ラグーン若松法律事務所 All Right Reserved.